脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは

脊柱管狭窄症とは、背骨の神経が通っている「脊柱管」が何らかの原因で狭くなっている状態のことです。狭くなった脊柱管が神経を圧迫することで痛みやしびれが出ると言われています。

しばらく歩いていると足がしびれてきて、少し休むとまた歩けるようになる「神経性しんけいせい間歇かんけつ跛行はこう」が特徴的です。

年配の方に多く見られ、その分蓄積された原因である歪みは複雑に生じています。

一般的な治療

ブロック注射を打つ、筋力トレーニングをするなどして経過を見ます。それでも改善が見られない場合は手術を行うこともあります。

しかし手術はできれば避けたいという方が大半ではないでしょうか。

大口神経整体院では神経整体で症状を改善します

股関節や骨盤の動きが悪いと、足りない動きを腰で補います。またお腹の筋肉の動きが悪いと背骨に負荷がかかります。「脊柱管狭窄症」と診断されても、原因は人によって様々ですが、主な痛みの原因は体の動きが正常にできなくなっていることだと考えられます。

そもそも痛みというのは、身体を守るために発せられる危険信号だという話は聞いたことがあるかもしれません。身体を動かしているのは筋肉です。 そしてその筋肉が何らかの要因で正常に働かなくなってしまったときに、「このままの状態で動いては危ない!」と判断した脳が、痛みという危険信号を発し身体を無理に動かすことを止めようとしているのです。

ではそのまま安静にしていたら自然と症状は治まっていくのでしょうか?

残念ながらそうはいきません。動かさないでいると身体はどんどん固まってしまいます。
痛みがなくなり身体も正常に動かせるようになることが大切ですよね。

そこで大口神経整体院では、神経にアプローチして症状を改善させます。

大口神経整体院

〒558-0004大阪市住吉区長居東4丁目2-7 長居中央ビル304号