膝痛について

膝痛について

大阪市の重症症状専門「大口神経整体院」は、膝痛で悩む方に根本改善施術をおすすめしています。

膝痛で悩まれている多くの方は、病院で運動を勧められたり、安静に過ごすように言われたりしています。

そして、歩けないほど悪化したら手術の話になりますが、実際に膝痛が改善した方はほとんどいません。

なぜなら、膝痛が生じる原因は加齢による変形だけでなく、神経の伝達にもあるからです。

骨盤に体重が正しく乗っていない

日常生活での身体の使い方に問題がある

この2つこそ神経の伝達に狂いを生じさせ、膝痛を生じる原因であり、症状改善を目指すために解決すべき問題です。

そして、原因を根本的に解消し、あなたの膝の痛みを改善できるのは重症症状専門「大口神経整体院」だけです。

知っていますか?痛みの真実

病院やリハビリ、整骨院の治療を受けても改善しない場合には、神経に問題がある可能性があります。

神経の環境が悪くなり痛みや痺れにつながっています。

しかし問題はなぜ神経に問題が出ているかです。

その根っこは、神経が伝達異常を起こしていること(電線が絡まった状態)があります。

神経の伝達異常を起こすと、正常な動きの指令が脳に伝えられず、効率の良い動きができなくなります。

その結果、

①筋肉に余計な負担がかかり、痛みや張りが生じる

②関節が硬くなり、関節に負担が生じる

病院で手術しても、原因がある限り膝痛の症状は改善しません。

慢性的な膝痛で諦めかけている方や手術を勧められている方は、諦める前に「大口神経整体院」にお問い合わせください。

放っておくと

膝痛による痛みと痺れの原因は、神経の伝達異常による筋肉や関節の硬さだと説明しました。

ではなぜ神経の伝達異常が症状を引き起こすのか詳しくみていきましょう。

神経の正しい伝達(頭への連絡)によって、人の身体は効率よく動けるようになっています。

正しい伝達が行われないと、筋肉、関節は過度な収縮や動きによって運動が行われてしまい、筋肉が張ってしまったり関節が硬くなってしまったりします。

その結果、生じるのが神経が通じた痛みと痺れです。

つまりどれだけ病院で痛み止めや注射、または手術を行なっても、神経の伝達の問題がある限り症状は改善されません。

 

大口神経整体院